社会の課題を解決したい。

私たち『パルシステム』は、首都圏を中心とした「生協」のグループのひとつです。
「生協」とは、「生活協同組合」を略した呼称で、非営利の協同組合。生活のなかに潜むさまざまな課題を解決し、より良いくらしを実現するために、消費者同士が支えあい、助けあう仕組みをつくっています。
「生協」の起源は、19世紀のイギリスにさかのぼるといわれています。
日本でも20世紀初頭に市民運動として活動が始まりました。
社会やくらしの課題をどうにかして解決できないかと、市民が知恵を出し合い活動する。
いまでいう、ソーシャルデザインの考え方を先取りしていたのです。

株式会社と生協は、どう違うの?

みなさんもご存知のように、株式会社は企業が株主から出資金を募り、その資本金を原資にして事業を運営しています。企業が提供する商品やサービスを顧客が利用することで事業収入を得て、利益は株主に配当します。
一方生協では、商品やサービスを利用したい消費者が集まり、お金を出し合って事業を運営します。もちろんそこから生み出される商品やサービスを利用するのもその消費者自身。だから生協の場合、消費者ではなく「組合員」と呼ばれます。
「組合員が生協に出資し、運営に参加し、商品・サービスを利用する」というサイクルで生協の事業は成り立っているのです。また、株式会社では持ち株が多いほど発言権がありますが、生協では出資額にかかわらず組合員は、みな平等の立場だというのも大きな特徴です。

『パルシステム』は、どんな生協なの?

日本各地で、さまざまな生協が活動しています。
パルシステムグループは、首都圏を中心とした生協の集合体。
1都11県で活動する会員生協(地域生協)とパルシステム生活協同組合連合会、パルシステム共済生活協同組合連合会、子会社で構成されています。
生協の原点でもある「人と人との助け合い」を軸に、「多様性の共存」「組合員の参加」「社会に開かれた運営」「環境と調和した事業」などを大切にし、商品の供給事業や共済・保険事業、福祉事業などを展開しています。

●パルシステムグループの会員生協……
パルシステム東京、パルシステム神奈川ゆめコープ、パルシステム千葉、パルシステム埼玉、パルシステム茨城、パルシステム山梨、パルシステム群馬、パルシステム福島、パルシステム静岡、埼玉県勤労者生活協同組合、生活協同組合あいコープみやぎ、新潟県総合生活協同組合
●子会社/関連法人/協力団体……
子会社:(株)パル・ミート、(株)ジーピーエス、(株)パルライン、(株)パルブレッド、(株)パルシステム・リレーションズ、(株)パルシステム電力
関連法人:(株)オルター・トレード・ジャパン、(株)パルふれあいサービス、(株)パルシステム発電
協力団体:パルシステム協力会、パルシステム生産者・消費者協議会

日本一のチャレンジャー精神をもった生協に!

『パルシステム』は現状に安住することをよしとはしません。
社会の中のほんの小さな課題にでも、積極的に取り組んでいきたい。
それはすなわち、「私たちのくらしを良くする」ことだから。
「生産者」と「食卓」を直接つなぐ。
「地域コミュニティ」をつなぐ。
そして人と人の「気持」をつなぐ。
被災地への支援活動や脱原発への取り組みなど社会全体の課題にも積極的に取り組み、日本の農業を守る運動やサンゴの保護活動など、環境に配慮した生活で、サスティナブルな社会を目指しています。